読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和-自転車で日本一周の旅(準備期間中)

自転車で日本一周の旅(準備期間中)

今年も残りわずか!

今年も残りわずかですね。

 

皆さんはイブ、クリスマス、大晦日の予定決まってますでしょうか?(^.^)

 

自分は仕事です。.°(ಗдಗ。)°.

 

最近は1日休みの日がない日が続いてます。

 

サラリーマンだった頃は高卒で基本給15万ぐらいでした。

 

当時は、は!?給料少なっ!

 

こんなんじゃやってけねーよ。

 

って思ってたが、貰える額で考えたらサラリーマンだった頃の方がボーナスも出たし有給使えるしメリットはあった。

 

仕事内容の辛さなどで結果今年の7月末で退職。

 

退職後1ヶ月はアルバイトもせず家にいることが多く色々と考え事をしてました(。-∀-)

 

その後はWワークで仕事してます!^_^

 

休みの日でもお金がない今は家にいることが多く、特にやることがなく1日終えるのが勿体無く思い最近は元々休みの日でも仕事をしてます٩( ᐛ )و

 

旅するってのに貯金できず毎月支払いをする日々。

こんな生活じゃダメだ。

 

今後の目標は携帯代などの通信費を除いて毎月の支払いを一括で払い終える勢いで働く!

 

すぐ欲しい物があると買ってしまう物欲を抑え、今必要な物だけを買う!

 

今年まだ終わってませんが自分にとって今年の漢字表すとしたら「穴」

 

下記穴について

 

【穴】、中国の黄土地帯では地下の家に住んだ。その土の部屋への入口の形だとか。

不思議の国のアリス
それは一八六五年に、イギリスで出版された児童文学。作家は数学者だと言う。

アリスは白うさぎを追い掛け、【穴】に落ちる。そして、身体を大きくしたり小さくしたりして、言葉を話す動物たちの世界を冒険する。不思議な話しだ。
ワンダーランドへと通じるこんな【穴】。なぜか歳を重ねても忘れられない。

だが、世間には好まない【穴】もある。
その一つが「空っ穴(からけつ)」。財布の中が空っぽなのだから、堪らない。
そして、【穴】の中には、だいたい何かがいたり、何かあったりするものだ。

 

そして自分にとって来年の漢字は「風」

 

下記風について

 

【風】は、「帆」の原字の「凡」と、「虫」が組合わさった漢字。

しかし、なぜ虫なのだろうか?
一説に、かぜが吹き、虫が揺らされている様だとか。「うーん、これこじつけ?」と言いたくなる。

そんな【風】、映画では、やっぱり……「Gone with the Wind」。
ヒロインのスカーレット・オハラの波瀾の人生を描いた「風と共に去りぬ」だ。

その映像の中に、今でもアメリカで一番人気のセリフがある。それはレット・バトラーがスカーレット・オハラに吐いた捨てゼリフ。 

振り向きざまに、
「Frankly, my dear, I dont give a damn.」

要は、「知らないね、勝手にするがいいよ」と言い放つ。
この「damn」が宗教上の観点からアメリカ人に衝撃を与えたとされている。

さて、それでは日本人にとって、人気のあるセリフは何だろうか? それは、その後に続く、スカーレット・オハラの最後の言葉だ。

「After all, tomorrow is another day.」

これが名訳され、字幕として登場した。
「結局…明日は明日の風が吹く

まことに上手いこと訳したものだ。
「明日はもう一つの日」を、「明日は明日の風が吹く」とは。

そして、その映画の初公開からすでに七十年以上の歳月が流れた。
しかし、やっぱり明日になれば吹くだろう、明日の風が。
しかも、きっと心に優しい風が……。

いや、そうあって欲しいものだ。

 

以上。